変わった名前を付けられた魚

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2014/09/header20170306075015_787537984.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2014/09/header20170306075015_565704245.jpg
普段から愛称やあだ名で呼ぶことが好きな人間は、海の魚にも変わった名前を付けた。よく知られている呼称は「ナポレオンフィッシュ」だろう。その由来は頭のコブの形が、ナポレオンの軍帽に似ているということからだ。ダイバーには好まれている魚だが、意外と本名の認知度が低い。正式の和名はメガネモチノウオと言い、体長2mにもなるベラ科最大の魚だ。香港では高級魚として食用とされているが、近年は乱獲による個体数の減少が問題となっている。
次に「オジサン」と呼ばれている魚を紹介しよう。この可笑しな名前は愛称ではなく、正式登録された標準和名だ。目立つ二本のアゴ髭が「オジイサン」の髭のようだということから付けられた。英名ではヤギの髭の連想からGoatfishと呼ばれている。オジサンの髭は伊達に付けている訳ではない。この長い髭を上手に使って、砂の中の多毛類や甲殻類等の小動物を探し出して食べるための大事なセンサー機能だ。ちなみに「オバサン」という名前の魚はいないようだ。
外見・容姿に由来する前2種の呼び名に悪気はなさそうだが、標準和名を「キタマクラ」と付けられた魚は気の毒だ。仏教では亡くなった人を北枕で安置することから、「この魚を食べると北枕にされるぞ!」という意味だと言われている。フグ科の仲間として猛毒テトロドトキシンの代表者のようなネーミングだ。実はキタマクラの毒性は軽い方で、卵巣や精巣には毒を持たず皮膚だけの強毒が特徴だ。多くの猛毒フグを差し置いて、何故このような不本意な名前を付けられたのかは分からない。言われなき呼び名のおかげで、釣り人たちからも忌み嫌われており可哀そうだ。名前は本来、分類するためのラベリングに過ぎないのに、中身にまで影響を及ぼすことがあるようだ。