魚の群舞が見せる見事な秩序

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2014/08/header20170228163300_354629723.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2014/08/header20170228163300_632147931.jpg
海の中では、息を飲むような壮大な光景に出会えることがある。数千、数万の魚の群れが織りなす見事な群舞だ。一糸乱れずに球状や渦巻状に形を変えていく行動は、捕食者から身を守るための集団防衛策だが、あれ程の大集団にも拘らず、どうして魚同士が衝突したり、速度や方向がバラバラになって混乱しないのか不思議だ。人間社会であれば某独裁国家の軍隊行進やスポーツ祭典のマスゲームを連想するが、誰か指揮命令者がいない限り統制できるはずがない。以前のブログでも紹介した「ホタルの同期現象」や「アリの集団行動」、いずれアップする「渡り鳥のV字型飛行」と同様に、自然の生き物は言葉以外のコミュニケーション手段を使うことができる。
魚にとっては、第2の眼であり第2の耳である「側線器官」がそれだ。魚の側線と感覚受容体は、高感度の圧力センサーとして水振動の微かな動きや流れ、その強弱や方向等を素早く感知する。周囲の魚の動きと巧みにシンクロする個体の振舞いの連鎖的集合が、見事な集団秩序ー群知能を生み出す。この魚類や鳥類の群知能を応用したセンシング技術に注目して、ある自動車メーカーは「周囲と協調してぶつからないロボットカー」の開発に取り組んでいる。レーザー反射によって魚の側線感覚を模し、魚群走行の3つのルール(衝突回避、並走、接近)を組み合わせてロボットカーに実装したとのことだ。早期の実用化に期待したいが、冷静に考えてみると問題の本質は「周囲との協調が苦手」な運転する人間にあるようだ。