子供は何故、虫が好きなのか

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2014/07/header20170301140402_076047393.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2014/07/header20170301140402_864922505.jpg
多くの子供たちは、夢中になって虫を追い駆けた思い出を持っている。養老孟司さんや日高敏隆さん、高桑正敏さんのように、大人になっても虫大好き人間は意外に多い。彼らは何故、昆虫が好きなのかと問われると困るらしい。
前回、地球上の生物種の数を紹介したが、実は種数NO1はダントツで昆虫だ。既分類の約125万種のうち、昆虫は約75万種を占めるとのこと。「数は力なり」だけではなく、環境適応型のサバイバル能力が優れているということだろう。たかが20万年前に誕生した現生人類よりはるか昔、4億年くらい前からの長い生命史を持つ昆虫に、人間が教えてもらうことは、沢山ありそうだ。素直な感受性が残っている子供たちは、「虫の面白さ」を純真な心で感じることができるのだろう。